新宿の「山頭火」でラーメン

新宿南口の「山頭火」でラーメンをいただく

ぶらり新宿☆英会話とかあれこれ

新宿南口でラーメン!しおとんこつなら「山頭火」

北海道ラーメン「山頭火」ってご存知ですか?
塩とんこつラーメンが定番で、こってりしすぎずあっさりしすぎず、とってもおいしいラーメン屋さんなんですよ!
セブンイレブンが、山頭火のカップラーメンを出しているので、食べたことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。
筆者も食べてみましたが、濃厚なスープに麺がしっかり絡み、インスタント食品とは思えないクオリティでした。
定番の具に加えて梅干しが入っているところもユニークでおもしろいですよね。

ちなみに、ラーメンは英語で「noodles」「ramen」などと呼びます。
ラーメンは海外でも人気のある食べ物なので、ラーメン屋さんもたくさん開店しているし、カップラーメンを取り扱っているスーパーも多いですよ★

それでは、「山頭火 新宿南口店」に私を含めた同僚4人でランチに行ってきた時の様子をレポートしますっ!

①山頭火 新宿南口店の場所

JR新宿南口を出て右に曲がり、ファーストキッチン側に横断歩道を渡ります。
右に曲がるとケンタッキーがあるので、そこの角を左に曲がり、ちょっと行った先の左に入った細い通路にあります。

<山頭火>
・住所/東京都新宿区西新宿1-18-5 中沖ビル1階
・電話/03-3349-0338
・営業時間/11:00~23:30

②山頭火 新宿南口店の店内

お店の外観は、いかにもおいしいラーメンを食べさせてくれそうな渋くていい感じ♪期待が高まっちゃいます!
老舗の風情を携えた引き戸の入り口を入ると、明るく細長い店内へと導かれます。
客席は全部カウンター席で、座席数は13席。
木で作られたカウンターの前に黒い革張りの椅子が並んでおり、作っているところを見ながら待つことができます。
ラーメン屋さんということで、やはりお客さんは男性が多め。でも、女性でも決して入りにくい雰囲気ではないです。
私達は4人で突撃したんですけど、行ったのが2時過ぎとランチ時が終わっていたのと、ちょうどお客さんとの入れ替えのタイミングだったので、4人横並びで座れました★

③山頭火 新宿南口店のメニュー

ラーメンには、次のメニューがあります。

ラーメンメニュー

・しおらーめん
・しょうゆらーめん
・みそらーめん
・辛味噌らーめん
・チャーシューめん
・特選とろ肉らーめん

サイドメニューには、焼き餃子、半熟たまご、ごはんに鰹節や海苔などを乗せたねぎめし、とろける食感で人気の特選とろ肉などがあります。

同僚Aはチャーシューめん(しお)、Bは辛味噌らーめん、Cはしょうゆらーめん、私はしおらーめんをオーダー!
私はいつもここに来ると、しおらーめんを頼んでしまいます……。

④実食!

しおらーめん

私が頼んだしおらーめんは、豚骨スープがこってりすぎず、あっさりすぎず、口当たりマイルドで優しい味でした。
細麺なのでスープがよく絡み、最後までおいしくいただけましたよ♪
具は、きくらげ、なると、メンマ、チャーシュー、ねぎ、梅干し。
チャーシューは山頭火の名物と言われているトロ肉のチャーシューで、ほろりと崩れてとってもおいしかったです!2枚トッピングされているので、お得感も♥
豚骨スープと相性抜群のきくらげは、コリコリしてて歯ごたえが絶妙でした。
細かなトッピングがいいアクセントになってくれるので、味に変化が出て飽きずに食べられます。

辛味噌らーめん

辛味噌らーめんは、3種類の唐辛子入り。
見た目は赤くてかなり辛そうなんですけど、辛いもの好きの同僚にはちょうど良かったらしく、おいしそうに食べていました。
具は、チャーシュー、メンマ、きくらげ、ねぎ、糸唐辛子。
白髪ねぎや糸唐辛子を麺と絡めながら食べると「最高!!!」だそうです。

しょうゆらーめん

しょうゆらーめんは、魚の風味が楽しめる素朴な味。
具もチャーシュー、メンマ、なると、ねぎ、海苔というオーソドックスなものばかりで、同僚いわく「なんだかほっとする感じ」だそうです。

チャーシューめん

チャーシューめんは、柔らかいチャーシューが5枚乗っている豪華版。
その他の具はメンマ、なると、きくらげ、ねぎ、梅干しなのですが、ボリューム満点でとってもおいしそうでした!
スープは好きなものを選べるということで、同僚はしおをオーダーしていましたよ。

⑤国内のみならず、世界に支店を展開!

山頭火は、国内のみならず、世界にも支店を展開しています!

<国内>
・北海道/7店舗
・東北/宮城県と岩手県に1店舗ずつ
・関東/東京に4店舗、埼玉に1店舗
・沖縄/1店舗

<海外>
・アメリカ/16店舗
・カナダ/5店舗
・香港/1店舗
・台湾/4店舗
・シンガポール/2店舗
・マレーシア/1店舗
・フィリピン/15店舗
・タイ/2店舗
・韓国/1店舗

こうして見てみると、国内より海外のほうが店舗数が多いですね。
山頭火のラーメンは、それだけ外国の方の口にも合うんでしょう!

⑥山頭火のストーリー

山頭火のラーメンはどこか優しい味がするのですが、それもそのはず!
そもそもの始まりは、創業者の畠中氏が家族においしいラーメンを食べさせたいという動機だったそうです。

塩分を控え、素材にこだわり、きちんと手間暇かけて作り出すラーメンの味は家族を喜ばせ、完成から4か月後には、北海道旭川市で1号店がオープン。
当時の旭川では珍しかった豚骨スープが評判を呼び、客足は上々でした。
創業時はしおらーめんのみだったメニューも増え、今では海外でも愛されるラーメン店に成長!
現在の繁盛ぶりは、多くの人が知るところですね。
ちなみに、店名は俳人の種田山頭火氏に由来しているのだとか……。

また、山頭火で使われているラーメン丼はちょっと小ぶりなのですが、これには時間がたってもスープを冷めにくくすることの他に、畠中氏の「女性が小さな丼で品よく食べる姿を見たい」という思いもあったそうです(笑)

「山頭火」は新宿南口でイチオシのラーメン屋さん!

山頭火は、新宿南口でイチオシのラーメン屋さんです!
こだわりのスープはとってもおいしくて飽きがこない味だし、種類が多いのも楽しい♥
新宿でラーメンが食べたくなったら、ぜひ山頭火に行ってみてください。

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2020 ぶらり新宿☆英会話とかあれこれ