よろしくお願いしますを英語で

よろしくお願いしますを英語で言うと?

ぶらり新宿☆英会話とかあれこれ

「よろしくお願いします」を英語で言うとどうなるの?

先日友人と久しぶりに会ったときに、友人の会社で上司が外国人になったことを聞きました。
彼女は、その上司に簡単な自己紹介を英語でして、最後に「よろしくお願いします」と言おうとしたそうなんですが、何て言っていいかわからなくて言葉に詰まってしまったそうです。

そんな話を聞いていて確かに、「よろしくお願いします」って英語で何と言ったらいのか私もわからなかったので調べてみることにしにしました。

①「よろしくお願いします」は英語で直訳できない

「よろしくお願いします。」は日本では挨拶や頼みごとをするときなど、よく使う言葉ですが、実は英語では直訳しにくい言葉です。
日本語は「よろしくお願いします」と一言言えば何となく会話の流れからどうすればいいのか相手に伝わりますが、英語の場合は「具体的にどうして欲しいのか」ということを明確にする必要性があるので雰囲気で使うということが難しいのです。

これは、日本がハイコンテクスト文化で、米国はローコンテクスト文化であることに起因します。
コンテクストは「文脈」や「前後関係」と訳され、前後関係から意味を察する、状況・環境に依存して意味をなす、と言う意味を持ちます。
日本は、言語に依存しなくても、状況や相手の考えていることを察することで、なんとなく通じてしまう文化なので「ハイコンテクスト」、これに対してアメリカは、あくまでも言語によってコミュニケーションを図ろうとする文化なので「ローコンテクスト」と言えます。
アメリカでは状況や考えをしっかり言葉にする必要があります。

日本語のようにさまざまな表現で使うことができないのですが、これを踏まえたうえで、状況別の「よろしくお願いします。」の英訳をピックアップしました。

②会ったとき、別れるときの「よろしくお願いします」

Nice to meet you. /(I'm) glad to meet you.

「お会いできてうれしいです。」

    出会ったときの最初の挨拶。英語の教科書にものっていますし、定番の挨拶ですね。これからもよろしくお願いしますという気持ちをこめて言うときにつかいます。

Please be nice to me.

「よろしくお願いします。」

It’s a pleasure to meet you./I am happy to see you.

「お会いできてうれしいです。」

    Nice to meet you.よりも丁寧な言い方で、誰に使っても失礼にはならない言い方なので、目上の人や、この場合はどの言葉を使えばいいのか不安になってしまった場合はこの表現がおすすめです。

Nice meeting you.

「お会いできて良かったです。」

    別れ際の挨拶

It was nice to meet you.

「お会いできて良かったです。」

    別れ際の挨拶

Let's keep in touch.

「連絡を取り合おう」

    別れ際の挨拶。別れ際の挨拶といっても色々な表現がありますね。

Say hello / hi to __.

「__さんによろしく言っといて」

    くだけた表現

Please give my regards to __.

「__さんによろしくお伝えください。」

    丁寧な表現

Best Regards./Kind Reards.

「(メール文末に書き記す)よろしくお願いします」

    日本でもメール文末に「今後ともよろしくお願いいたします。」と書いたりしますよね。

③仕事での「よろしくお願いします」

ビジネスシーンでは「よろしくお願いします。」と言う機会が多いので、相手方に失礼にならないようにシーン別での「よろしくお願いします」を勉強しておくと安心ですね。

Thank you very much for coming.

「(会議や打ち合わせの場において)お越しくださってありがとうございます」

I appreciate you coming.

「来ていただいたことに感謝します。」

    I appreciate~は~に感謝しますという意味で、少し丁寧な言い方。来てくれたことに対してのお礼を言うことで、これから始まる会議や打ち合わせについてよろしくお願いしますの意味合いを含む表現です。

It’s my(our) pleasure.

「こちらこそありがとうございます。」

    先に相手方からよろしくお願いしますと言われたときに、こちらこそよろしくお願いしますと返事をする場合の表現。

I'm excited to work with you.

「一緒に働けるのが楽しみです。」

I'm looking forward to working with you.

「一緒にお仕事ができるのが楽しみです。」

We look forward to doing business with you.

「私たちは、あなたとビジネスできるのが楽しみです。」

I hope we will do good business together.

「これからも良きビジネスパートナーとしてお付き合いお願いします。」

Most sincerely / Yours very sincerely / Best regards.

「(ビジネスメールでの文末で)よろしくお願いします」

    これは英語のメールではお決まりの締めの挨拶になるので、ビジネスで英語のメールのやりとりをする場合はこのフレーズはよく見かけると思います。日本語の敬具ですね。カジュアルシーンでのメールでも使われます。

I really appreciate it.

「お手数おかけしますがよろしくお願いいたします。」

④頼みごとの「よろしくお願いします」

Thank you in advance.

「あらかじめありがとう」

    お願いごとの内容に関して、先にお礼を言ってしまう時に使う表現です。
    何かを頼むときに「よろしくね」を表現する言葉もいろいろありますが、基本的には "Thank you." の一言ですんでしまうことが多いです。

I'd really appreciate it.

「(人に何か依頼をした際の)よろしく」

I'm counting on you.

「(上司と部下の間での)任せたよ、よろしく。」

I knew I could count on you.

span class="strong">「(上司と部下の間での)頼りになると思っていたよ」

Could you please make a cup of coffee for me? Thank you.

「コーヒー作ってくれますか?よろしくお願いします。」

    ※Could you please~はビジネスシーンでよく使われる依頼の表現。

Please continue your kind guidance.

「(上司などの目上の方に)ご指導のほどよろしくお願いします。」

⑤友人間で、これからもよろしくね

I appreciate your continued support.

「支えてくれることに感謝」

Thank you for putting up with me.

「こんな私に付き合ってくれてありがとう」

    ※put up with:我慢する

Please be my friend forever.

「ずっと友達でいてね」

    友人間で「これからもよろしくね。」というのも英語だと感謝の意味がストレートに伝わって素敵ですね。

I hope we will get on well together.

「私はあなたと仲良くしていきたいです。」

    特別な感情や仲良くしたい気持ちを伝えたい場合の表現の1つですが、英会話では使わないことが多いので、おすすめはしません。

英語を話すときは、内容を明確に♪

英語の「よろしくお願いします。」は、状況別に言い方を変えていかなければならなんですね。勉強になります。

いろいろなシーンでの「よろしくお願いします」を紹介しましたが、意外にも日本語の「よろしくお願いします。」に近い表現で使われる英語は "Thank you." だったりもします。
カジュアルなシーンで「よろしくね」と言うニュアンスで使われます。
ビジネスシーンや目上の方には "I appreciate it."(Thank you の丁寧な言い方)と言うので覚えておくと便利だと思います。
もちろん会話の流れによっても違ってくるので、ご紹介した英語表現のようにシーンによって内容を明確にして「よろしくお願いします。」が言えたらいいですね。

調べてみて日本語って便利だなと思いました。ハイコンテクスト文化って素敵!!

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2020 ぶらり新宿☆英会話とかあれこれ