トイレの英語

トイレにまつわる英語表現

ぶらり新宿☆英会話とかあれこれ

絶対に覚えておかなきゃ★トイレにまつわる英語表現

英会話雑誌に掲載されている読者からの投稿コラムを読んでいたら、「海外旅行中に、トイレに行きたくなったけど、トイレがどこか分からないし、どこにあるか聞こうにも英語がわからないし、大ピンチだった」というエピソードがありました。
「今年の夏は海外旅行に行こうかなぁ」なんて思っていたので、「それは他人事じゃない!」と思いました。

「トイレはどこですか?」って聞くにも言い方を知らないとたずねられないし、「トイレ」を表現する英語は何種類もあると聞いたことがあるので、これはしっかり調べておかねばまずいなと思い、調べてみました。

①トイレを意味する英単語

トイレを意味する英単語には、次のようなものがあります。

bathroom

「えっ、バスルーム?これってお風呂を表す英単語じゃないの?」と驚いたのですが、海外ではトイレとお風呂が同じスペースにあるのが普通なので、このような呼び方をするそうです。
ちなみに、アメリカ英語で「toilet」は「便器(便座)」という意味なので、「Can I use the toilet?」と言うと「便器(便座)を貸してもらえませんか?」というニュアンスになってしまうそう。
上品に「お手洗い貸してもらえるかな?」と言いたい場合は「bathroom」を使うのがベストです。

washroom

これも、トイレが手を洗う洗面所や体を洗うお風呂と同じスペースにあることから使われるようになった英単語だと思われます。

powder room

これは日本でも同じ意味で使う英単語!
「顔にパウダーをはたく」=パウダールーム(女性用のトイレ)だそうです。

restroom

「レストルーム」は、公衆トイレを表す時に使う英単語だそうです。
日本でレストルームといえば「休憩所」を指すのが普通なので、日本にいる外国人にレストルームの場所を聞かれたらとんちんかんな場所に案内してしまいそうですね。

the Loo(ルー)

「Loo」は、イギリスでよく使われるトイレの表現だそうです。
なんだかおしゃれで上品ですね。

facility

これは「施設」という意味の英単語ですが、トイレを表すものとしても使われるそうです。
婉曲表現ですね。

lavatory

この英単語は頭に「public」と付けると公衆トイレという意味になるそうです。

public toilet/public restroom

これらの英単語には「公衆トイレ」「多目的トイレ」という意味があるそうです。
体の不自由な方や子供連れの方が海外でトイレを探す時は、この言葉を知っていると便利かもしれませんね。

Men’s room

男子用トイレ

Ladies room

女子トイレ

confort room(コンフォートルーム)

これはフィリピンのみで見られる表現だそうです。フィリピン以外の国では使わないそうなので要注意です!

WC(Water closet ウォータークローゼット)

これ、よく目にするけど「ウォータークローゼット」の略とは知りませんでした。
今ではもう日本でしか使わない表現だそうですよ。

②トイレにまつわる英会話表現

トイレにまつわる英会話表現には次のようなものがあります。
海外旅行や外国人との会話で必要になるかもしれないので、しっかり覚えておかなくては!

Where is the bathroom?

トイレはどこですか?

とりあえず、この言い方さえ覚えておけば困ることはなさそう。

May I use the bathroom?

トイレをお借りしてもいいですか?

個人宅でトイレを借りる時にはこう言えばいいんですね。

I have to pee!

おしっこしたい!

なんだかかわいらしい表現ですが、これは仲のいい友達間で使うものだそうです。
ちなみに「pee」はおしっこという意味で、動詞にもなるそうですよ。

Hold it for another minute!

もう少しトイレは我慢して!

海外旅行に一緒に行く友人がピンチに陥った時は、こう言って励ましたいと思います。

I’ll be (right)back.

トイレに行ってくる。

これってシュワちゃんが「ターミネーター」でいつも言ってたセリフ!
もちろん映画の中では別の意味で使われてたんだけど、まさか「トイレに行ってくる」という意味もあったとは(笑)

Excuse me for a moment.

ちょっと失礼します。

「トイレに行ってくる」をちょっと丁寧に言いたい時や、トイレという単語を使いたくない食事中などに便利な表現です。

Someone’s in here.

(トイレに)入っています。

そうそう、使用中にドアをノックされた時のことも考えておかなくてはいけませんよね。

There is no toilet paper left.

トイレットペーパーが残っていません。

これもぜひ覚えておきたい表現!海外ってあんまりマメにペーパー補充とかしてなさそうだし……。

The restroom is upstairs.

トイレは上の階にあります。

人にトイレの場所を聞かれた時、こうやってスマートに教えてあげられたらかっこいいですよね。
ちなみに「下の階」は「downstairs」、全ての階にトイレがある時は「There are restrooms on every floor.」と言えばいいそうです。

トイレ英語は必要不可欠!

トイレの言い方、いっぱいありましたね!
とりあえず、英語圏の国に行ったらこれだけ覚えておけばなんとかなりそう。
トイレだけは絶対に我慢できないので、しっかり場所を把握できるようにしておかなくては…。

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2020 ぶらり新宿☆英会話とかあれこれ