秋を言い表す英語表現

秋を言い表す英語表現を集めました

ぶらり新宿☆英会話とかあれこれ

Fall?Autumn?秋に関する英語表現大集合♪

暑かった日々が嘘のようにすっかり秋になりましたね。
ところで、「秋」という英語表現には “fall”“autumn”の2つがあります。
これって、意味の違いがあるのかなと気になったので、先日調べてみたんです。

違いを調べているうちに秋にまつわる英語表現にも興味が湧いてきたので、今回まとめることにしました。

①fallとautumn

秋を言い表す英語は、先でも述べましたが、“fall”“autumn”の2つが挙げられます。
この2つの違いは、“fall”アメリカ英語で、“autumn”イギリス英語だということです。
ほかにも、日常会話やカジュアルなときに用いるときには “fall”を、 ニュースだったりフォーマルな場所で用いる場合には、 “autumn”を使うそうです。
さらに、 “autumn”には、「秋」という意味のほかにも、「(人生の)初老期や成熟期」という意味もあるのだそうです。
その場合は、 “in the autumn of〜”という使い方をするそうですよ!

②秋の行事

では、2つの「秋」の単語の違いについてわかったところで、「秋」を言い表す英語表現を紹介しましょう。
まずは、秋の行事について見ていきます。

紅葉

  • autumn/fall leaves
  • autumn/fall foliage
  • autumn/fall colors
  • 「紅葉」は、日本語だとそれ一語で済んでしまいますが、英語だと色々な言い方があって面白いですね!
    ちなみに、foliage「木の葉っぱ」という意味だそうですよ。
    日本は、四季折々の自然を細かく表す日本語が存在しますが、英語ではそうしたぴったりな表現がないため、こうした言い回しをするようです。

紅葉する

  • The leaves turn yellow.
  • The leaves turn red.
  • 「紅葉」という表現と、「紅葉する」という表現では、言い方が少し異なるようです。
    確かに、「葉が黄色くなる」、「葉が赤くなる」と言われると、「紅葉しているんだな」と伝わりますよね。
    さらに、“in fall”や、“in autumn”と付け加えると、「秋の紅葉」という的確な表現になります。

落ち葉

  • dead leaves
  • dry leaves

もみじ狩り

  • leaf peeping
  • 日本では有名なもみじ狩りですが、ちゃんと英語での表現もあるのですね!
    でも、外国ではもみじ狩りは一般的ではないので、もしも、伝わらなかったら“go see autumn colors.”とかでも良いそうですよ。

月見

  • moon viewing
  • こちらも日本ならではの秋の行事ですね。“moon viewing”で伝わるそうです。
    ちなみに、「月見をする」という動詞になると、“enjoy the moon(もしくは、moonlight).”となります。

③読書の秋、芸術の秋、○○の秋

次は、読書の秋や芸術の秋など、「〜の秋」と言われる表現をチェックしていきましょう。
例えば、「読書の秋」を“Reading in autumn”と、直訳しても、外国の人には伝わらないそうです。
こんなときは、“In Japan, we say that fall(autumn)is the best season for ~.”という表現を使って、“~”の部分に、「読書」や「芸術」と入れていくといいそうです。

“~”に入れる単語例

  • reading/reading books「読書」
  • foods/eating 「食欲」
  • sports/playing sports 「スポーツ」
  • arts「芸術」

④秋の味覚

秋と言えば、“秋の味覚”という言葉があるほど、旬の美味しい食べ物が増えます。
これらも英語での表現がちゃんとあるんですよ!
さっそくチェックしていきましょう。

サンマ

  • Pacific saury
  • Mackerel pike
  • 日本やアジア圏ではよく水揚げがされるサンマですが、北米やヨーロッパ圏ではあまり有名ではありません。言い回しを覚えておくと、日本の紹介をするときなどに便利そうですね。

秋鮭

  • autumn salmon

松茸

  • matsutake mushroom
  • 松茸って、こんな言い方をするんですね。日本でなら「マツタケ」だけでしっかりと通じますが、英語の場合、後ろに“mushroom”を付けることで、その存在がはっきりとわかるようです。
    ちなみに、「シイタケ」も“shiitake mushroom”というそうですよ。なんだか面白いですね。

銀杏

  • gingko nut(s)
  • イチョウの木は、英語で“gingko”と言うため、その実だから、“gingko nut(s)”。覚えやすいですね。

  • chestnut(s)
  • 発音は「チェスナット(複数形なら『ツ』)」。
    「マロン」はカタカナ英語で、アメリカだと「ザリガニ」の意味になるんだそうですよ!
    トキノキの実で作るフランスの「マロングラッセ」というお菓子を、日本ではトチノキの実が手に入りづらかったので代わりに栗で作るようにしたら、日本では「マロン=栗」という認識が浸透してしまったんですって。

サツマイモ

  • sweet potato
  • こちらは、日本語でも馴染みがありますね。
    ただ、日本語で、「スイートポテト」だとお菓子のことを指しますが、英語では「サツマイモ」そのものなんですね。

かぼちゃ

  • pumpkin

  • pear

ぶどう

  • grape

  • persimmon

⑤アメリカの秋文化

これまで、日本の秋についての英語表現を見てきましたが、反対にアメリカの秋の文化ってあるのでしょうか?

Labor Dayレイバーデイ

    ※9月第1月曜
    日本でいう勤労感謝の日という意味をもつ日です。「夏の終わり」を象徴する祝日で、パレードなどが行われます。
    同時に、アメリカンフットボールのシーズンが始まる日でもあります。

Halloweenハロウィン

    ※10月31日
    最近では、日本でもかなり浸透してきているハロウィン。
    もともとは、死者の霊が家族を訪ねてくる日という意味があります。
    その際、悪霊や魔女も一緒に来てしまうということで、生きている人間は身を守るために仮装をしてお化けの仲間のふりをしたのが仮装をすることになった起源といわれています。
    仮装のほかにも、玄関先にかぼちゃでつくるおばけのランプを置いたりもするようです。

Thanksgivingサンクスギビング

    ※11月第4木曜
    アメリカとカナダの祝日の一つ。家族や親族、友人が集まり、大規模な食事会を開きます。七面鳥(ターキー)を食べるため、Turkey Day(ターキーデイ)とも呼ばれることもあるそうです。

ハロウィンは最近、日本でも仮装をしたり、街中でも飾り付けをしていたりと浸透しているイメージがありましたが、まだまだ知らないアメリカの秋の文化があるんですね。
そういえば、入学式等も秋に行なわれるんですよね。
日本の秋の美風も素敵ですが、そういった習わしが日本だけではないことがわかりますね。

日本の秋を外国人の友達に教えてあげよう!

海外でも秋を楽しむ祝日があったり、ハロウィンがあったりするんですね。
日本も秋は観光シーズンだったり、運動会があったりと、楽しいイベントが盛りだくさんです。
そうした、日本のイベントを英語で説明できるようになれるといいですよね。
秋にまつわる英語表現をしっかりと学び、外国人の友達に日本の秋の楽しみ方や美味しい食べ物などを教えてあげたいと思います。

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2019 ぶらり新宿☆英会話とかあれこれ