英会話は「予習」が大事

英会話における予習の重要性&効率的な予習法

何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室

英会話レッスンは予習が命!?効率よく学習するために

英会話のレッスンを受ける際、「予習と復習どちらが大切かなあ?」と迷う人も多いのではないでしょうか。
私も実際にそう思って悩んでいた一人です。

机上のテキストと文房具

今回は、英会話学習における予習の重要性について、友人から聞いたり、ネットで調べたりしたことを紹介します。

①予習が大事

見出しでいきなり結論を出しちゃった感じですが、まずは、友人から聞いた話からご紹介します。

友人は以前、テキスト(教科書)を用いて行うオンライン英会話を試したことがあったのですが、そのとき学習をサポートしてくれるアドバイザーさんに「予習が大切ですよ」と言われたそうです。
それはなぜかと聞くと、予習をしないとネイティブの講師がなかば一方的に話をしてしまい、受講者はその内容にあいづちを打つだけになってしまうという理由でした。
確かに、それだとレッスンを受ける意味があまりなくなってしまいますよね。

また、英会話のレッスンを効率よく受講するためには、とにかく積極的に話すことが大切だということも教えてくれたそうです。
レッスン中は講師ばかりが話すのではなく、受講者が積極的に会話を進めることで自分にとっても効果的なレッスンになります。
そのためには、使用するテキストを事前に学習して、わからないところを調べて、聞きたいことや言いたいことをまとめるなど準備をしておく必要があるということです。
これは、私アカネも、とても実感できることだと思いました。

私の友人は、その言葉に素直に従ってレッスンの前に、しっかりと予習に取り組みました。
すると、確かに予習をしてレッスンに臨んだときは、会話が弾み、自分の言いたいことが言え、レッスンを主体的に楽しむことが出来たそうです。

しかし一度、忙しくて予習の時間を取ることができず、そのままレッスンを受けたことがあったそうです。
そのときは、わからない単語の意味は講師に聞いて何とかなったけれど、フリートークの時間になると自分の言いたいことが言えず、まさに先生の話を聞いてあいづちを打つというパターンに陥ってしまったそうなんです。

こうした経験から友人は、英会話学習において予習がとても重要だということを身をもって知ったとのことでした。
そんな経験をした彼女曰く、これはオンラインレッスンでなくても、通学用の英会話レッスンにも同じことが言えるのでは、ということでした。

英会話レッスンは、自身が勉強してきたことを発表する場であり、主体的に会話を進める姿勢が大切です。
予習をせず参加した場合は、その発表の場をうまく活用することが出来ません。
主体的に英会話学習を進めたいという人は、予習にしっかりと取り組むことがポイントになってくるでしょう。

②復習はさらっとやる

さらに、その友人は予習だけでなくレッスンを受けた後の復習の仕方についても教えてくれました。
復習も大切だけれど、予習よりは気軽な気持ちで取り組んでいいと思う、とのことでした。

復習は、レッスンでわからなかったところをさらっと負担にならない程度に行うと良いそうです。
上手く言えなかったところや聞き取れなかったところ、わからなかったイディオムなどを中心にポイントを絞って復習すると良いと教えてくれました。

レッスン後の方が気持ちにも時間にも余裕があるので、復習に時間をかけようとすればいくらでもかけられるけれど、そこで頑張りすぎてしまっては「挫折」という別の問題が発生しちゃうかも。

英語学習の基本は「続けること」が大切です。
無理のない程度の時間配分で勉強すると良いと、彼女の実体験からのアドバイスをもらいました。

③ネットでも予習大切派の意見が多数!

友人からの意見だけではなく、自分でもインターネットで効率よく英会話学習をするためのヒントを探していましたが、やはり、予習が大切だと言う意見が圧倒的に多かったです。

英会話を習っていても、いつまでも話せないという人の特徴は、「レッスン中に自分から英語を話さない」ということが挙げられていました。
レッスン中に、ただひたすらメモをとっている、英語を話すときもノートやテキストから目を離さない、他人が話す英会話の内容には耳を傾けない、といったことを行いがちな方は要注意です。
確かに、一生懸命メモをとっていると勉強している感じはありますが、実際に英語を発していなければ英会話は上達しませんよね。

事前に、今週話す内容を(短い文章で良いので)少し用意しておくだけでも、「そのレッスンについていくことだけで精一杯!」という状況から脱出でき、より充実したレッスンになるそうです!
そしてレッスン後は、「レッスン内容を忘れないうちに復習をさらっと行う」という方法が良いようですよ♪

結論:予習メインで授業を主体的に進めよう!

友人の経験と教えてもらったアドバイス、ネットでわたしが調べたことを最後にもう一度おさらいしましょう。
英会話レッスンは「予習」をメインにしっかりと行うことがオススメです。
また、レッスン後の復習については、わからない部分をさらっと見直す程度でOKです。

ネイティブの先生に任せっきりで授業に参加するのでは、せっかく払っている受講費用がもったいないですよね。
費用対効果を最大限に出すためにも、主体的に会話が進められる授業になるように、予習に力を入れて取り組みましょう。
きっと、今まで以上に楽しく充実した英会話レッスンになるはずです。

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2019 何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室