英語で「元気?」と尋ねる挨拶

「元気?」と声をかける気さくな挨拶を覚えたい

何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室

英語で元気?とたずねる「How are you?」以外の挨拶

道で会った友人と話をする外国人女性

前回は「How are you?」に対する答え方のバリエーションを調べ、とても勉強になりました。
今度は、反対にこちらが「元気?」と挨拶する時のバリエーションにもいろいろあるのではないかと思い、調べてみました。

①「元気?」と聞くHow are you?以外の表現

今回こうして「元気?」と聞く時の「How are you?」以外の表現について調べてみて、つくづく英語の世界は奥が深いと思いました。
ちなみに次のような言い方があるそうなので、機会があればぜひ使ってみてください。

How are we?

「you」が「we」になるって、そんなのアリ?と思いましたが、どうやら意味自体はどちらも同じようです。
ただ、「How are we?」のほうがくだけた言い方で、親しい人に使うという違いがあるそう。
他にも、お医者さんや看護師さんが患者さんに対して話しかける時にも「調子はどう?」というニュアンスでこの言い方を使うことが多いということです。

How are you doing?

この言い方も、「How are you?」に比べるとかなりくだけた表現になります。

How are you going?

これも「How are you?」をよりカジュアルにした言い方です。
オーストラリアやニュージーランドではよく使われる表現だそうです。

How‘s it going?

これも「How are you?」に比べるとカジュアルな表現で、「調子はどう?」と聞きたい時に友達同士で使うことが多いそうです。

How’s everything?
How’s everything going?

この表現は、「How are you?」よりも、もっと具体的な内容を聞く時に使われます。

How’s things?
How are things?
How are things going?

これらの言い方は、「調子はどう?」「ごきげんいかが?」と、軽く聞きたい時に使う表現だそうです。

What are you up to?

「今なにしてんの?」「どうしてた?」というように、何か変わったことはあったか?と聞きたい時に使う表現です。

What’s going on?

「なにしてた?」「元気だった?」と軽くたずねたい時に使う表現です。

What’s new?

「new」が付いているので、これは「最近なんか変わったことあった?」という意味になります。

How have you been?

これは、久しぶりに会った人に「最近どう?」と聞きたい時に使う表現だそうです。

How are you getting along?

「いかがお過ごしですか?」という意味で手紙の書き出しに使ったり、元気のない相手を気遣ったりする時に使う表現です。

How does this find you?

これは「お変わりありませんか?」と聞きたい時に使う表現です。

結論:親しい人にはHow are you?以外で言ってみよう!

「How are you?」はちょっとかしこまった言い方になるので、仲の良い友人や知人に「元気?」と挨拶をしたい時は、これらのちょっとくだけた表現を使うと良いそうです。
私も、さっそく友人のスティーブに話しかけてみようと思います。

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2018 何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室