動物の鳴き声、英語では?

英語圏で動物はどういう鳴き声を出すか調べてみた

何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室

犬はワンワンじゃない!?英語での動物の鳴き声

みなさんは動物の鳴き声は英語だとどうなるかご存知でしょうか?

遠吠えをする二匹の犬

英語の勉強のために子供用の絵本を眺めていたところ、犬が出てきたのですが、鳴き声が明らかに「ワンワン」じゃなかったんです。
そこで、動物の鳴き声も日本語と違うことに気づいたので、他の動物の鳴き声は英語だとどうなるのかな?と思い調べてみることにしました。

①身近な動物・生き物の鳴き声

まずは身近な動物・生き物の鳴き声について。

  • 【犬】
    日:「ワンワン」
    英:bowwow(バウワウ)、woof(ウッフ)
  • 【子犬】
    日:「キャンキャン」
    英: yap(ヤップ)、yelp(イェルプ)
  • 【猫】
    日:「ニャンニャン」
    英:mew(ミュー)、meow meow(ミャオ ミャオ)
  • 【子猫】
    日:「ミャー」
    英:mew(ミュー)
  • 【豚】
    日:「ブーブー」
    英:oink(オインク)
  • 【牛】
    日:「モーモー」
    英:moo(ムー)
  • 【羊】
    日:「めぇめぇ」
    英:baa(バー)
  • 【ヤギ】
    日:「めぇ」
    英:bleat(ブリーッ)
  • 【馬】
    日:「ヒヒーン」
    英:whinny(ウィニー)、neigh(ネェーイ)
  • 【蛙】
    日:「ケロケロ」
    英:croak-croak(クローククローク)、ribbit(リビット)

日本語と似ているものもありますが、そんな鳴き方する?と思ってしまうものもありますね。
絵本にもでてくる動物・生き物はこんな感じです。

  • 【ライオン】
    日:「ガオーッ」
    英:roar(ロアー)…熊も同じなんだそう。
  • 【サル】
    日:「キーキー」、「ウキッ」
    英:yack-yack(ヤックヤック)
  • 【ねずみ】
    日:「チュゥチュゥ」
    英:squeak-squeak(スクィークスクィーク)

ちなみにゾウは日本語だと「パオーン」と鳴くイメージがありますが、英語ではゾウの鳴き声に関しては表現がないそうですよ。

②鳥など羽根のあるもの

鳥などはどのように鳴くのでしょう。

  • 【おんどり】
    日:「コケコッコー」
    英:cocka-a-doodle-doo(コッカドゥードゥルドゥー)
  • 【めんどり】
    日:「コッコッコッ」
    英:cluck(クルゥアック)
  • 【ひよこ】
    日:「ぴよぴよ」
    英:cheep (chirp)(チープ)
  • 【小鳥】
    日:「チュンチュン」
    英:tweet(トゥイート)
  • 【カラス】
    日:「カーカー」
    英:caw(コー)
  • 【ハト】
    日:「ポッポー」
    英:coo(クー)
  • 【ふくろう】
    日:「ホーホー」
    英:hoot-hoot(フートフート)
  • 【アヒル】
    日:「ガーガー」
    英:quack(クァッ)
  • 【蜂の飛ぶ音】
    日:「ブーン」「ブンブン」
    英:buzzz(ブヅー)

小鳥の「tweet」などは、SNSのTwitterの語源にもつながっている表現ですね。
また蜂が飛ぶ音「buzzz」も、いまのネット上で“人の話題になること、口コミにあがること”を示す「Buzz、バズる」という言葉そのものだと気がつきました。
なるほど、こんなところに英語の鳴き声表現が使われているんですね。勉強になります。

結論:英語と日本語では動物の鳴き声は全然違う!

調べてみて思ったのですが、日本語と英語の鳴き声って全然違う!
同じ動物なのにこんなふうに鳴き方が違うとまるで別の動物みたいですよね。
日本語でも英語でも本当にこんな鳴き方してる?と感じるものや、日本語の方が聞こえる音に近かったり、英語の方がいいかも?と感じたり、さまざまですね。
英語の絵本にはいろんな動物の鳴き声がのっていたりするので、こんなふうに調べてみるのも楽しいということがわかりました。

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2018 何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室