留学しても話せない人

英語圏に留学しても英語が話せないのってどんな場合?

何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室

留学しても英語が話せない失敗パターン6個

時々、留学していたけれど英語を話せるようにならなかったという失敗パターンを聞いたことがあります。
留学すれば、英語だけの環境に身を置けるため、「きっと英語が上達するはず」と思ってしまいますが、なかには英語が話せないまま日本に帰ってくる人もいるようです。

ベンチに座り手で顔を覆う女性

そこで今回は、留学しても英語が話せないという事態はなぜ起こるのかを調べて見ました。

①留学後、どうなりたいか、目標が明確でない

「留学した後、日本に帰ってきたときにどうなりたいのか」ということや、あるいは「留学をすることによって何を得るのか」を明確にしないで、なんとなく留学しちゃった場合には、思うように英語が習得できないことが起きるようです。

例えば、「留学後はTOEICを満点取りたい」「日本に戻ってきたときにビジネスでも役に立つ英会話を学びたい」など具体的な目標がなければ留学先でもとりあえず英語を勉強しているだけ、となってしまい実際には役に立たない結果となってしまいかねません。
海外生活に憧れてしまっているだけで、英語学習の具体的なプランが立てられていない場合には要注意です。

②日本人とばかりつるむ

留学に来ている期間は現地のネイティブの友人を作る、もしくは他の国から来ている留学生と友人になり、異文化交流を深めるというチャンスもふんだんにあります。
しかし、日本人が留学しても英語が上達しない理由としてもっとも多いのが、「留学先でも日本人とばかりつるんでいるから」ということのようです。

慣れない海外生活の不安をまぎらわせるために日本人と話したり、日本人の多い語学学校をあえて選んで安心感を求めてしまいそうですが、それでは英語力は思うように伸びないでしょう。
せっかく留学するのであれば、日本人以外の友人を見つけ、そこから英語を学ぶなど工夫すべきです。
また、部屋に戻ったときに日本語のテレビ番組やWebサイトを見て、日本に居るときと変わらない生活をしているのも良くありません。
英語をもっと身近に感じられる環境を自分で作る必要があります。

③分からない英語表現が出てきても調べない

留学生活も慣れてくると、分からない英語表現に出くわしても、なんとなく困らずに生活できてしまうようになるらしいです。
あいまいにニコニコ笑顔をうかべて、うなずいているとその場をやりすごせてしまうようなパターンですね。
そのときに、分からない表現や語句を進んで調べることをせずに、のんべんだらりんと暮らしてしまうと、留学しても英語が話せないという事態に陥るのは無理も有りません。
積極的に未知の単語や表現を調べていけばより高度な“生きた会話力”を身につけられるのに、そのチャンスをみすみす逃しているようでは、実にもったいないものですね。

④もともとの英語力がなさ過ぎる

これは留学以前の問題となりますが、そもそもの英語力が低いという場合です。
日本で居るときに全く英語の勉強をせずに留学をすると、いきなり現地の英語を聞いても、少しも理解ができないという状況に陥ってしまいます。
留学を考えたときには、事前にしっかりと英語を勉強して、留学先ではより知識が吸収できるように準備をしておく必要がありますね。

⑤シャイで無口

英語はアウトプットすることで上手くなり、自分のものになっていきます。
そのため、シャイだから、普段から無口だからといって黙っていては、英語は上達しません。

間違った英語でも恥ずかしがらずどんどん話しかける、会話に入っていくことをおすすめします。
日本では、なかなか見知らぬ人に話しかけるといったシーンはありませんが、留学先では自分の殻を破って話すことが英会話力アップのヒケツです。

⑥留学するだけでペラペラになれると思って、勉強しない

なかには留学するだけで、英語がペラペラになって日本に帰ってこられると勘違いしている人もいるようです。
しかし、海外に行っただけでは英語が簡単に話せるようになるわけではありません。留学をしたら、英語が身近になり、勉強をするから上達できるのです。
留学時には日本にいるときと同じように、もしくは、それ以上の勉強が欠かせないのです。

結論:留学しなくても英語は習得できる!

留学をしたからといって、英語の勉強をしなければ英語力が伸びるわけではありません。
反対に、留学をしなくても、日本語国内で勉強をして英語を習得した人はたくさんいるのです。
留学幻想に惑わされずに、まずは自分ができることからコツコツと学習していくべきですね。

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2018 何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室