英語が苦手な人こそ覚えよう

「自分は英語が苦手です」と伝える言い方を集めました

何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室

英語が苦手な人が覚えておくべき「返答のしかた」5つ

英語の勉強を始めてしばらく経ちますが、まだまだ流暢に会話をするレベルには程遠い実力のため、おそらくネイティブの人からマシンガントークをされてしまうと、何を言っているのか分からなくなるでしょう。
そんな時、自分の現状を正直に相手に伝えるにはどうしたらよいか気になり、何と言えば英語が苦手なことを分かってもらえるのかについて調べてみました。

聞き返す女性

①もう一度言ってください

まず、相手が何と言ったのかが聞き取れなかった時「もう一度言ってください」とお願いする言い方について調べてみました。
「Pardon?」という言葉しか知らなかったのですが、意外とたくさんバリエーションがあるようですよ。

【What did you say?】
「えっ、なんだって?」というニュアンスで使われる言葉です。ちょっとカジュアルな言い方なので、目上の人には使わない方が良いかもしれませんね。

【Pardon?】
学校で「相手に聞き返す時は『Pardon?』と言います」と習ったので、困った時はこう言えばいいや……と思っていたのですが、実はこの言い方、ネイティブさんの間では「ちょっと気取った言葉」「ダサい」という風に捉えられているそうなのです。敬語で話す必要がある時は良いかもしれないけれど、あまり多用しないほうがいいかな……。
また「Pardon」という言葉の持つ意味も誤解していました。
てっきり「何と言ったのですか?」という意味だと思っていたのですが、本来は「許し」「恩赦」という意味だそうです。これに「?」を付けることで、初めて「もう一度言ってください」になるのだとか。

【Pardon me?】
「Pardon?」に「me」が付く使い方があるということも、今回初めて知りました。
ちなみに、これは「Pardon?」をさらに丁寧に言いたい場合に使う表現だそうです。
それをよりいっそう丁寧に聞き返したい時は「I beg your pardon?」と言う言い方もあるようです。最上丁寧形ですね。

【Excuse me?】
「すみません」という意味のExcuse meも、疑問符を付けることで「もう一度言ってください」になります。「すみません、もう一度言ってもらっていいですか?」というようなニュアンスですね。

【Come again?】
「Come again」も「?」を付けることで聞き返す意味に変化する言葉。疑問符を付けない場合は「戻る」「また来る」という意味として使われますよね。
ちなみに、ちょっとフレンドリーな表現なので、フォーマルな場面では使わないほうが良いということですよ。

【Sorry?】
【I’m sorry?】

「Sorry?」「I’m sorry?」も「Pardon」「Excuse me」「Come again」と同じく、語尾を上げることで「もう一度言ってください」という意味に変わる言葉です。
本来の意味は「ごめんなさい」なので、「ごめん、もう一度言ってもらえる?」という感じになるのでしょうか。

【Please say it once more.】
最初に「Please」が付くことで、とても丁寧な印象になりますね。自分が相手に聞き返される時も、こんな風に申し訳なさそうにされると「いいよ、いいよ、もう一度ゆっくり話すから!」って思えるかも。

【Could you say that again?】
【Could you repeat that again?】
この2通りの表現も「すみません、もう一度言っていただけませんか」と丁寧にお願いする時に使うものです。
すでに一度「pardon?」や「Excuse me?」を使ってしまい、それでも聞き取れなかった時には、このような言い方をすると、相手もイラッとしにくいかもしれませんね。英語が苦手な初心者の私は、しっかり覚えておこう…。

②もう少しゆっくり言ってください

次に、マシンガントークしてくるネイティブさんに「もう少しゆっくり言ってください」と伝えるための表現を調べてみました。
私はたまに洋画や海外ドラマを見るのですが、字幕がないと何を言っているのかほとんど理解することができません。ですから、実際に外国人と話をする機会があったとしても、おそらく半分も聴き取ることができないと思うのですよね。
なんとか会話を成立させるためにも「もう少しゆっくり言ってください」という表現を覚えておくことは非常に大切!しっかり練習しておこうと思います。

【More slowly,please.】
「もう少しゆっくりお願いします」という意味のこの表現は「Please」を付けることで丁寧な印象になっています。
うっかりPleaseを抜くと命令形の「もっとゆっくり!」になってしまうので、十分に気を付けたいです。

【Can you slow down,if possible?】
「できれば、もう少しゆっくり話してもらえませんか?」と言いたい時に使える表現です。
「if possible(可能であれば)」が付くことで、押しつけがましい印象が和らぐところがいいなぁと思いました。

【Please speak more slowly?】
「もっとゆっくり話してください」と丁寧にお願いできる表現です。
他には「Could you」を使った「Could you speak more slowly?」「Could you speak a little bit slower?」という言い方も、感じが良いなと思います。

③聞き取れませんでした

次は、相手に「聞き取れませんでした」と伝えるための表現をご紹介したいと思います。
何度も聞き返すと相手に悪いという思いから、つい分からなかった部分をそのままに会話を進めてしまいそうになりますが、よく考えたら、理解していないのに分かったふりをするほうが失礼ですよね。
ちょっと勇気が必要ですが、聞き取れなかった時は正直にそうだと伝えられるようにしたいと思います。

【I didn't get it.】
「(意味を)理解できませんでした」と言いたい場合に使える表現です。繰り返し話してもらって意味を理解できた時は「I got it」と答えると伝わるそうですよ。
ちなみに、全く意味が分からなかった時は「I didn’t get it at all」と「at all」を使って表現すると良いのだとか。

【I didn't catch that.】
この言い方は、周りがざわざわしていてうるさかった時に「ごめん、ちょっとうるさくて聞こえなかった」と伝えるのに使うことが多い表現だそうです。
こう言えば、相手が声を大きくしてくれたり、ゆっくりと話してくれたりするし、どうしても聞こえない場合は場所を変えて話せば良いので、いざという時のために覚えておきたいと思います。

【I didn't catch what you said.】
【I didn't hear you.】
この2つも「聞き取れませんでした」という意味の表現になります。「catch」は捕まえるという意味の単語ですが、聞き取るという意味でも使うそう。
英語も日本語のように1つの言葉に対していくつもの意味を持つものが多いので、調べていてびっくりすることがよくあります。

④英語は得意じゃないんです

私みたいな英語初心者が、ペラペラ英語を話せる人かのように勘違いされると正直かなり厳しいですので、次は「英語は得意じゃないんです」もしくは「少しは分かるけど、あまり早く話されるとついていけいないです」といったニュアンスを伝えるための表現をご紹介したいと思います。

【I'm not good at English.】
「私は英語が苦手なんです」という意味の表現です。会話をする時にこう言っておいたり、メールを書く時に最初に断っておいたりすると良いかもしれませんね。

【My English is poor.】
「私、英語力がなくて……」と言いたい時に使える表現です。「poor」はお金がないという意味でしかないと思っていましたが、こういう時にも使える単語なのですね。

【My English is not good.】
「私は英語が下手なんです」という気持ちが伝わる表現。しばらく会話をしてみて「どうにも話が続かないなぁ」と相手が困った顔をした時、すかさずこう言って肩をすくめてみせると、少しは場がなごむ……かな?
ちなみに「My English is not good.」に「very」を付けて「My English is not very good.」とすると、より困り感が強調されていい感じみたいです。

⑤英語が話せません

最後に「英語が話せません」と言いたい時に使える表現をご紹介したいと思います。
海外旅行先でしつこくセールスをしてくる現地の人対策にも使えそうだし、いざという時はこの表現を知っていればうまく会話から逃げられそうなので、しっかり覚えておきたいと思います。

【I cannot speak English.】
この表現は、中学の英語の授業で習った覚えがあります。
英語が分からなくてもこの表現はすらすらと口から出てきて、道に迷った外国人に話しかけられた時は「I cannot speak English.」と言いながら曖昧に笑ってその場を立ち去る日本人が多いのだそうです。
私も、きっと同じことをしてしまうだろうな。困っている人を置き去りにするのは心苦しいけれど、道案内は日本語で説明するのも大変なので、英語初心者にはちょっとハードルが高すぎます。

【I don't speak English.】
ネイティブさんと会話をする時は「cannot」ではなく「don’t」を使ったほうが良いという説もあります。
なんでも、英語は英語圏の外国人にとって使うのが当たり前の言語なので「cannot」「できない」と表現するよりも「don’t」「英語はあまり使わないの」と表現したほうがしっくりくるそうですよ。

【I don't understand English.】
「私は英語が理解できません」という意味の表現。もっと困り感を強調したい時は「don’t」ではなく「can’t」を使うと「どうしても分からない」というニュアンスになるそうです。

結論:初心者であることをさりげなく、かつしっかりと伝えよう!

ネイティブの外国人に「もう一度言ってください」「英語があまり得意ではありません」と伝える表現方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?
今回これらの表現について調べてみたことで「いざとなったらこうやって切り抜ける方法もあるのだな」と少し気が楽になりました。私たち日本人が観光に来た外国人のたどたどしい日本語をおかしいと思わないように、外国人にしてみれば、日本人が英語をちゃんと話せないのは当たり前のことなのかもしれませんしね。
どうしても会話が成り立たない時は、奥の手の「英語が話せません」を使おうと思いますが、間違ってても良いので、体当たりで会話を楽しんでみたくなりました。

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2018 何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室