日本人が英語を苦手な理由

日本人が英語に苦手意識があるのはなぜか考えてみました

何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室

日本人はどうして英語が苦手なの?その理由4つ

英語の勉強を始めてから、関連情報についてもいろいろと興味を持って調べるようになったのですが、他の国の人って、母国語はもちろん外国語も話せる場合が多いのですね。ヨーロッパの人なんて、2~3か国語話せる人も少なくないのだとか。びっくりしました。
これに対し、日本人は英語1か国語を習得するのにも苦労していて、せっかく中学や高校で習った単語や文法も、いざ外国人と会話しようとするとほとんど役に立たない始末。なんだか、テストで良い点を取ったり、受験を突破したりするためだけに、何年も英語を勉強していたような気がします。

?マークを持つ女性

そこで、なぜこれほど日本人と外国人の間に差がついてしまっているのかを調べてみようと思いました。外国人のやり方をマネすれば、私もいつか英語ペラペラのバイリンガルになれるかも!?

①文法や発音が日本語と違い過ぎる

調べ始めてまず気付いたのが、日本語と英語では文を作る時の語順が違うということです。
日本語はSOV(主語=subject、目的語=object、動詞=verb)という順に文を組み立てていきますが、英語はこれが「SVO」の順になるので、ここでまず理解しにくくてつまずいてしまうのですね。
実際、私も英文を読むたびに「だから、何でこういう順番になるわけ?『私はリンゴが好きです』って言いたいのに、どうしていちいち『私は好きです、リンゴが』っておかしな言い方をするのよ?」と、頭をかきむしりたくなることが何度もありました。

これに対し、ヨーロッパでは、イタリア語やフランス語などの言語も英語と同じ「SVOタイプ」。普段自分たちが使っている母国語に近い分、理解もしやすいということなのでしょうね。
これはもう「英語とはそういうものだ」と割り切らないと、なかなか身に付いていかないような気がします。

また、日本人は日本語をその言葉通りに読むことに慣れていますが、英語には「えっ、この単語ってそんな風に読むの?」というものがけっこう多いので、これも戸惑ってしまう原因の1つになると思います。
たとえば「name」は「ナメじゃなくてネーム」だし「knife」は「ナイフ」と読むのに、なぜか頭に余分としか思えない「k」がくっついてしまっています。これが、私のような英語初心者にはよく理解できない。

そしてもう1つ、2つの単語が結びついた結果、発音が変わってしまう「リエゾン」という現象もあります。
たとえば、「Can I~」という文は、1つ1つの単語を見ていくと「キャン」「アイ」なのに、くっつくことで「キャナイ~」という発音に変化してしまう。これもいちいち「そういうもの」と割り切って覚えていかなくてはならないので、学習がなかなか進まないのです。

②基本的にシャイな国民性

次に私が思い当たったのは、日本人にはシャイな人が多いということです。「他人にどう思われるか」ということを気にしすぎるので、せっかく覚えた英語を積極的に使ってみようという気になれず、つい受け身の姿勢になってしまうのですね。
思えば、学校で英語の授業を受けている時も、なかなか質問や発言をする勇気が出ず、教室中がシーンとしていたものです。
もちろん私も「ここはどうしてこうなるのかな?」と疑問が湧いても手を挙げられなかったし、教科書に書かれている英文をみんなの前で読めと言われただけで緊張していました。
もしあの頃、授業中に分からないことをどんどん質問したり、覚えた英語を友達との会話に使ってみたりするような積極性が自分にあれば、今ほど英語に対して苦手意識を持たなかったのかなと思います。

一方、外国人には日本人に比べてオープンマインドな人が多く、失敗しても「あ~あ、やっちゃった」と笑い飛ばせるし、お互いが相手の個性をそのまま認められるようなおおらかさがあるような気がします。
たとえば、外国で暮らしてみると郵便物がきちんと予定通りに届かなかったり、電車が時間通りに動かなかったりというアクシデントは日常茶飯事らしいですが、それでも特に大きな問題が起こることもなく、みんな淡々と日々を送っていますよね。同じことが日本国内で起きたら、もっと大騒ぎになると思います。

また、子供の頃から「自己主張はどんどんするべき」と教えられ、学校でディスカッションをする時間が多く与えられているというのも、日本との大きな違いなのではないでしょうか。
日本の学校では、誰かが少しでも目立つことをすると「なんだあいつ。1人だけいいかっこして」と煙たがったり、いじめの対象になったりしますが、外国では自分が言いたいことを言わずに黙っているほうが変な目で見られるそうです。
もちろん、性格が明るい、大人しいという違いはあるでしょうが、基本的に誰もが自己主張をしようとするし、間違えたら次に正しい英語を覚えればいいと前向きに考えるので、英語を身に付けたいと思えばいくらでもアウトプットする機会があるのだとか。
日本の社会に同じような空気が生まれたら、日本人の英語力は飛躍的に向上するのではないかと思います。そう考えると、日本人の美徳でもあるシャイな国民性というのは、少しもったいない面もありますね。

③日本語でこと足りてしまう

次に私が考えたのは、そもそも日本人に英語は必ずしも必要ではないということです。私自身、外国人に道を聞かれたり、研修などで職場に来た外国人と会話をする必要があったりする時以外は、英語が話せなくてもなんら困ることはありません。
それに、道を聞かれてうまく答えられない場合は曖昧に微笑みながらその場を離れてしまえばいいし、職場では英語の得意な人にバトンタッチすればなんとかなってしまうので、今回こうして何か始めてみようと思わなければ、一生英語を勉強しようなんて気にならなかったでしょう。
この「日本語さえできれば問題なく生きていける」という環境も、日本人から英語を遠ざけている原因の1つではないでしょうか。

④学校の授業では、英会話の機会が少なかった

そして、日本の学校における英語の授業では、実際に会話をしてみる機会が極端に少ないと感じます。教師が説明してくれる文法の使い方や単語などをひたすらノートに書き写したり、英文を訳したりするのが中心で「じゃあ、グループで輪になって今習った英語を使った会話をしてみましょう」なんていうのはほとんどないのでは?
また、英文を訳すにも日本語の語順にしようとしてしまうので、これも英語ならではの語順を覚えることの障害になっているのではないかと思います。

日本人が中学・高校を通じてまじめに英語を勉強しても実践でほとんど役に立たないのは、アウトプットの機会が少なすぎるからではないでしょうか。いくら文法や単語を知識として知っていても、実際に使うチャンスがなければ本当の意味で身に付きませんよね。
本気で英語を勉強したい人が海外に留学しようと思うのも、日本語が通じない環境に身を置くことで逃げ道を断ち、生の英語を肌で感じて吸収するためだと言いますが、それぐらい徹底的にやらないと、語学というものはなかなか身に付かないのだと思います。

結論:いろいろあるけどめげずに、今日もLet's study English♪

以上、なかば、私個人の独断と偏見も交えて考察してみましたが、いかがでしょうか。日本語と英語の大きな違い日本人特有のシャイな民族性英語が話せなくても困らない環境英会話のできる機会の少なさなど、私たち日本人が置かれている環境は、決して英語学習に適しているとは言えません。と、とりあえず断定してしまいます。
ただ、無料で利用できる英語学習のサイトはたくさんあるし、英会話教室や教材の数も充実しているので、その気になればある程度の英語力を身に付けることは十分に可能です。そこへ「間違っていると笑われても気にしないメンタル」が加われば、どんどん上達していけるのではないでしょうか。
私も、勇気を出して恥をかきながら、生きた英語を身に付けたいと思います。英語が話せることで自分の世界が広がったなら、人生は何倍も楽しくなりそうですよね!

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2018 何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室