初心者に英字新聞は勉強になるか

英語初心者が英字新聞で語学力をあげる学習のコツを調べました

何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室

初心者向けの英字新聞・中上級者向けの英字新聞・学習法を紹介

「英語力を上げたい」と思い始めてから、思いつく限りのいろいろな勉強法を試しているのですが、ネットサーフィンをしていて「英字新聞を読んだら英語力が上がった」という記事を見つけました。
英字新聞、私のこれまでの人生には全く縁のなかったものです。せいぜい、プレゼントの包装紙に英字がプリントされているものを使ったことがあるぐらい。そもそも、まだ英語の勉強を始めたばかりの初心者なのに、英語だらけの新聞なんて読みこなせるのだろうかという不安がありました。が、その記事の内容がとても魅力的だったので、英字新聞への興味がむくむくと湧いてきたんです。

英字新聞と眼鏡

それで「初心者でも無理なく読める英字新聞」がないかどうかを探し始めたのですが、これがちゃんとあるのですね。もちろん、中級~上級程度の実力がつけば、これに見合った英字新聞を選ぶことができるようです。
私が見つけた英字新聞の種類や、効果的な勉強方法について調べたものをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

初級者~中級者向けのおすすめ英字新聞

まず、初心者~中級レベルの人が読みやすい英字新聞をご紹介します。

The Japan Times ST

(株)ジャパンタイムズが発行する週刊の英字新聞で、難しい語句に日本語の注釈をつける重要な文法のポイントや覚えたい言葉について解説するなど、英語に慣れていなくてもスムーズに読みこなすための工夫がなされています。
また、記事の内容そのものに興味が持てるよう、ニュースだけでなくエンタメやトレンドに関するものを多く載せているのも特徴の1つ。お堅い記事ばかりだと読む気が失せてしまうので、こうした配慮は嬉しいですね。

◆その他の特徴

  • それぞれの記事が短く、読みやすい長さ
  • 理解しやすいレベルの英文で書かれている
  • TOEIC対策やスピーキングに関することなど、英語学習に役立つコンテンツが充実している
  • 重要な文法やネイティブがよく使う表現をたくさん盛り込めるようにしている
  • ゲームやパズルなどのお楽しみコーナーが設けられている

週刊英和新聞Asahi Weekly

朝日新聞が発行している英字新聞で、日本人が英語を学習しやすい内容を意識して作られています。
英語で書かれた記事に日本語訳の文章が並べられているので、意味をしっかり理解しながら読めるところがいいなぁと思いました。理解できない部分があるとつい面倒で飛ばしたくなっちゃう私にも、これなら続けられそう。

◆その他の特徴

  • 多彩なイラストや写真が楽しめる
  • 初級・中級・上級とレベル分けがされており、実力に応じた読み方ができる。
    子供向けの「超初級」レベルの記事もあり、家族みんなで読むのに最適

Mainichi Weekly

毎日新聞が発行する週刊の英字新聞で、映画の字幕の翻訳者として有名な戸田奈津子さんや、分かりやすい英語学習の著作を数多く出版しているデイビッド・セインさんなど、バラエティ豊かな執筆陣の記事を読むことができます。
初心者が難しいと感じやすい単語には日本語の説明が付けられているので、わざわざ辞書を引く手間がなく、英文をスムーズに理解できるのだとか。記事の内容もエンタメから英語学習に関することまで多岐に渡っていて、毎週楽しく勉強ができそう!

「今週の一面」「HOT TOPICS」「VIEWS」「ジャパン・ウォッチ」に関しては、パソコンやスマホで音声を聴くことができるそうです。ネイティブの美しくて正確な発音を聴けるのは便利ですね。

初級~中級者向けの英字新聞を使った勉強法

優しいレベルに設定された英字新聞は、英語を無理なく身に付けられるような内容・構成になっているので、書かれていることを読むだけでも勉強になるそうです。
「英語を勉強したいけど、何をどうすれば良いのか分からない」という私のような人にはぴったり。ご紹介した英字新聞はどれも週1回の発行なので、毎日読む必要がないところもいいなぁと思いました。

中級者~上級者向けのおすすめ英字新聞

つぎに、中級~上級レベルの人におすすめの英字新聞をご紹介します。

The Japan Times On Sunday

(株)ジャパンタイムズが発行する、週刊の英字新聞です。初級~中級向けに作られたものと違うのは、日本語の出てくる量が必要最小限になっているという点。語彙が増え、英文をすらすらと読めるようになったら、ぜひ挑戦してみたいと思います。
国際的な視点から題材を選んで書かれているので、日本で一般的に普及している新聞では得られない情報に触れられるというのも魅力です。政治・経済についてもいろいろな情報が得られるので、これからを生き抜く現代人としてはぜひチェックしておかなきゃですね。

◆その他の特徴

  • 休日を楽しむのがヘタな日本人でも快適なバカンスが送れるよう、レジャーや旅行におすすめの場所や、過ごし方を提案する記事がある
  • 辞書にもまだ載っていない国内外で流行りの言葉を、分かりやすい解説付きで紹介
  • 有名人への20の質問、パズル、ゲームなどの楽しいコンテンツも充実
  • 海外で一流とされる新聞の社説や、オピニオンリーダーからの寄稿が読める

The Japan Times

こちらは、月~土曜日に毎日発行される英字新聞です。1部が30~50ページもあるので、毎日読めばかなりリーディングの力が付きそう!(でも、へヴィー(^^);;)
また、この新聞は歴史も古く、なんと1897年創刊だそうです。戦前から、日本人が英語に親しんだり、情報を広く集めたりするために親しまれていたのですね。

The Japan News

読売新聞社が発行する日刊の英字新聞です。木曜日の「JN LearningLab」面には、映画のセリフ解説、通訳案内士によるコラムなど、楽しく英語を学べるコンテンツが掲載されているそうなので、一度読んでみたいなぁと思います。
また、海外通信社の記事を使い、日本国内ではなかなかキャッチできない海外ニュースも読めるということです。提携先には、あの有名な「ワシントン・ポスト」「ザ・タイムズ」などがありますよ。

◆その他の特徴

  • 火曜日は和食に関するコンテンツが充実
  • 水曜日は日本各地の見どころ、歌舞伎などの伝統的芸術、大相撲などのコラムを掲載
  • 金曜日はエンタメやポップカルチャーなどの楽しいコンテンツが読める

中級~上級者向けの英字新聞を使った勉強法

このレベルになると慣れないうちは読むだけで大変です。なので「なにがなんでも全部目を通さなくては!」と思うと後が続きません。特に毎日発行される英字新聞だと「今日もまたこれを全部読むのか……」とげんなりして、かえって英語から遠ざかってしまいそう。

ネットで「英字新聞を使った勉強法」で調べてみても、興味のある見出しの記事だけを拾い読みするのが長く続けるコツだと書いてあります。興味のある分野なら自然と集中力も増すので、頭に入りやすいかもしれませんね。
また、覚えた英語はアウトプットするとしっかり身に付くそうなので、英会話教室でネイティブの講師や他の生徒との会話に使ってみたり、海外旅行で話してみるといいのではないかと思います。海外のニュースやエンタメに詳しくなるので、会話の内容にも困らなくなりそうですね。

結論:英字新聞で英語力アップさせよう

英字新聞を読むという学習法は、私のような初心者でも取りかかりやすく、楽しく続けられそうなところが魅力です。それに、ちょっとかっこいいし(笑)。まずは初級~中級者用の英字新聞から始めて、いつかは上級者向けのものをすらすらと読みこなしてみたいですね。

私が選んだ英字新聞は紙で届きますが、スマホで外出先にデジタル版をチェックすることもできるということなので、空いた時間をうまく使って勉強を進めていきたいと思います。紙で届くほうは、気に入った記事を切り抜いてスクラップブックに貼っていくなんていうのも楽しそう。1年くらい経った頃、どれぐらいのリーディング力がついているのか、ちょっぴり楽しみです。

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2018 何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室