その和製英語は外国人の人に通じません

英会話で使用NGな和製英語をあれこれ調べてみました

何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室

知っとかないと恥ずかしい!?英会話で通じない和製英語

身近にあって、つい使ってしまう英単語。でもそれが英語ネイティブの人に意味がまったく通じなくて、よくよく確認してみたら、それが和製英語だった。ということ、しばしばありますよね。
英語っぽく聞こえても、それが日本で造語としてつくられた和製英語では、外国人の人に通じないのも当然。そのまま使ってしまうと、思わぬところで恥をかいたり、相手に誤解を与えてしまったりする可能性があるので、十分な注意が必要です。

小さい日本の国旗

特に使ってしまいがちなものにはどんな和製英語があるのかな?と気になったので、調べてみました。ぜひ、参考にしてみてください。

仕事編

まずは、仕事の場面で使ってしまいがちな和製英語と正しい英単語をご紹介します。

サラリーマン・OL

office worker / company employee
日本では、会社に勤めて毎月のお給料をもらっている人のことを「サラリーマン」「OL(オフィスレディ)」などと呼びますが、これって和製英語なのですよね。
私は、英会話教室で自己紹介する時「I’m office lady.」と言ってしまい、大恥をかきました。

ハローワーク

Job Center
ハローワークも、海外では通用しない和製英語です。なんでも「公共職業安定所」という呼び名では堅苦しいので、親しみやすい名前をつけようということになり、募集した中から決まった愛称が「ハローワーク」だったそうですよ。

アルバイト・パート

part-time job
「バイト」「パート」なんていう言い方も、海外では通用しません。自分が海外で仕事を探したい時には、きちんと「I’m looking for a part-time job.」という風に伝えましょう。

フリーター

part-time worker
「フリーター」は、フルタイムではなく、時給いくらのアルバイトでお金を稼いでいる人という意味の言葉ですが、やはり日本でしか通じません。言葉の響きからなんとなく理解してもらえるんじゃないかという気もしますが、おそらく怪訝な顔で「What do you mean by that?」と聞き返されるでしょう。

ノルマ

Quota
「今月のノルマはこれぐらい」なんてつい使ってしまいますが、実はこれ、もともとロシア語から来ている言葉です。ちなみに、目標とする労働量を示すといった意味があるそう。英語では「Quota」が正解です。

ハードスケジュール

tight schedule / heavy schedule
「ハードスケジュール」は、海外では忙しいというより難しいというニュアンスで使われることの多い言葉です。予定がぎっしり詰まっている時は「タイトなスケジュールだ」というような言い方をするそうですよ。

クレーム

Complaint
日本では苦情のことを「クレーム」と言いますが、この言葉を英語に訳すと「要求する」「主張する」という意味になります。ニュアンスとしてはそれほど大きくずれていないような気もしますが、英語で言う「クレーム」は「裁判で自己主張をする」といった時に使われることが多いそうです。

ノートパソコン

laptop computer
今や、仕事でもプライベートでも欠かすことのできないものとなったノートパソコン。旅行先へ持っていく人も多いと思いますが、海外では「そのラップトップは~」というような言い方をされるので覚えておきましょう。ちなみに「パソコン」という言葉もまず通じないと思っていたほうが良いです。

ブラインドタッチ

touch-typing
手元を見ずにキーボードで文字を打ち込むことを「ブラインドタッチ」と言いますが、これも実は和製英語。海外では、シンプルにそのまま「タッチタイピング」と表現します。

シャープペン

mechanical pensil
仕事をする時の筆記用具として欠かせないシャープペンシルですが、英語では「メカニカルペンシル」と言います。「ちょっとシャーペン貸してくれる?」なんて言っても通じないので気を付けましょう。ちなみに、書類を留めるのに便利なホッチキスは「stapler(ステープラー)」です。

アンケート

questionnaire
アンケートは顧客満足度などを調査するのに便利ですが、英語では「クエスショネア」と言います。ネット上で音を聞くと、厳密には「ショ」と「チョ」の中間のような発音です。ちょっと発音が難しそうですね(笑)

ホテル編

旅行先のホテルなどで使ってしまいがちな和製英語を調べてみました。海外旅行や出張に行く際には、十分に気を付けましょう!

ビジネスホテル

budget hotel
出張でよくお世話になるビジネスホテルですが、これも日本人しか使わない言葉です。英語では「バジェットホテル」で、最低限の設備だけ揃った格安のホテルを表す時に使います。

フロント

reception desk / front desk
フロントは「レセプションデスク」「フロントデスク」と言います。「フロント」でも通じそうなものですが、意外と通じないようです。たとえば、誰かと待ち合わせをする時「フロントに着いたら電話して」などと言ってしまうと、ホテルの正面玄関で待たせることになりかねないので注意してください。

クローク

cloakroom
貴重品以外の荷物を預かってもらうのに便利なクロークは、きちんと「ルーム」まで発音するのが正解。クロークは英語で「袖のないコート」という意味なので「クロークに預ける」と言われても、相手はちんぷんかんぷんです。

モーニングサービス

breakfast included
ホテルの料金に朝食も含まれている場合に利用できるモーニングサービスですが、海外では「朝の礼拝」という意味なので要注意です。ちなみに、モーニングコールは「wake-up call(ウェイクアップ・コール)」なので、サービスを頼む際は言い間違えないようにしましょう。

セミダブル

small double
シングルではちょっと窮屈……という時にあると便利なセミダブルベッドですが、海外ではこの「セミダブル」というのが通じません。「ダブルよりちょっと小さめ」というニュアンスで、スモールダブルと言えば伝わりやすいようですよ。

食べ物編

食べ物に関する言葉にも、日本でしか通用しない和製英語がたくさんあります。覚えておくと、海外で食べたいものをオーダーする時に役立ちますよ!

シュークリーム

cream puff
シュークリームはフランスで生まれたお菓子であり、もともとは「シュー・ア・ラ・クレーム」と呼ばれていたもの。それが日本に入ってきた際、呼びやすいように「シュークリーム」と縮められたのです。英語では「クリームパフ」なので気を付けましょう。

アメリカンドッグ

corn dog
「アメリカン」なんて名前がつけられているので、てっきりアメリカではポピュラーな食べ物なのだと思って調べてみたら、なんとアメリカにこのようなスナックは存在しないそうです。ただ、コーンミールを生地に使った、似ているスナックはあるということですよ。

ホットケーキ

Pancake
日本では、温かいまま食べるということで「ホットケーキ」の名で親しまれていますが、海外では「パンケーキ」と呼びます。味のほうも、ホットケーキが甘くてふっくらしているのに対し、パンケーキはおかずと一緒に食べるのに適したあっさり風味という感じのようです。

ソフトクリーム

soft-serve ice cream
ふわふわで柔らかいソフトクリームは、英語で「柔らかく提供するアイスクリーム」という風に表現されます。和製英語の「ソフトクリーム」は、これを言いやすいように短く縮めたものなのですね。

フライドポテト

French fries
「じゃがいもを揚げたものなんだから、フライドポテトで通じるでしょ」と思ってしまいますが、英語では「フレンチフライ」と呼ぶのが一般的なので注意しましょう。「フライドポテト」と注文してしまうと、別の料理(ハッシュドポテトなど)が出てくる可能性があります。

オープンカフェ

sidewalk café
開放感があり、なんとなくおしゃれな雰囲気で、日本でも少しずつ増えてきているオープンカフェ。英語では「サイドウォークカフェ」と呼ばれているので、お目当ての店の特徴を説明したい時には間違えないように注意しましょう。

コンソメスープ

clear soup
コンソメスープは、英語では「クリアスープ」と呼びます。ちなみに、ポタージュスープは「creamed soup(クリームドゥスープ)」です。

サイダー

soda pop
日本では炭酸飲料の名前として広く知られている「サイダー」ですが、海外で「サイダーをください」と注文すると、リンゴ酒が出てきます。炭酸飲料を飲みたい時は「Can I have some soda pop?」と注文しましょう。

日常編

最後は、普段の暮らしの中で日常的に使ってしまいがちな和製英語をみていきましょう。

ペットボトル

prastic bottle
ペットボトルの「ペット」は、容器の素材として使われている「ポリエチレンテレフタレート(PET)」を略した言葉で和製英語。正式な英語では「プラスティックボトル」と呼びます。

ビニール袋

plastic bag
ビニールを英語で発音すると「ヴァイナル」。そのため、海外で「ビニール袋をください」と言っても意味が通じないことが多いそうです。この場合は「Can I have a plastic bag?」とお願いしましょう。

電子レンジ

microwave oven
「レンジ」は、英語で箱型オーブンのこと。箱の中でマイクロウェーブを発生させて食品を温める道具ということで「マイクロウェーブオーブン」と呼ばれています。

ホットプレート

electric griddle
自宅で焼き肉やお好み焼きをする時に便利なホットプレートですが、英語では「エレクトリックグリドル」と言います。海外で「ホットプレート」というと電気コンロが出てくるので注意してください。

クーラー

air conditioner
クーラーは、英語で「エアーコンディショナー」です。海外でクーラーというと、釣った魚などを入れるクーラーボックスのことを指すのが一般的なようです。

キーホルダー

key chain / key ring
鍵を保管するのに便利なキーホルダーは、英語では「キーチェーン」「キーリング」と呼ばれています。お土産を買う時に間違えないようにしましょう。

コインランドリー

laundromat / laundry
海外に長期滞在する時は、服の洗濯にコインランドリーを使えると便利ですよね。海外では「ローンドロマット」と呼ばれているので、言い間違えないようにしましょう。「ランドリー」でも通じますよ。

リサイクルショップ

secondhand store
不用品を売ったり買ったりするお店は海外にもありますが、リサイクルショップではなく「セカンドハンドストアー」と呼ばれています。中古の商品を売り買いするお店という意味ですね。

コンセント

コンセントは普段よく使うものなので、ぜひ言い方を覚えておきたい単語です。同じ英語でも、アメリカでは「outlet(アウトレット)」、イギリスでは「socket(ソケット)」と呼ばれているので、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

まとめ:結局はひとつひとつ覚えて「和製英語は使わない」ようにするしかない

主な和製英語をジャンル別にご紹介しましたが、いかがでしたか?中には「えっ、これも和製英語だったの?」と驚いてしまうものもあったのではないでしょうか。
和製英語を海外で話しても通じないことが多く、コミュニケーションに支障が出てしまうので、旅行や出張に行く際はできるだけたくさん正しい英単語を覚えておきましょう。よく使うものだけでも頭に入っていれば、堂々と会話ができますよ!

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2018 何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室