ビジネス英語と日常英会話の違いを検証

ビジネス英語って難しそうだけど普通の英会話とどう違うのか調べてみました

何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室

ビジネス英語って何?日常英会話とどう違うの?

英会話教室で英語を身に付けようと考えたとき、ひと口に英会話レッスンといっても、例えば「ビジネス英語コース」「日常会話コース」のように英会話を使うシーンや用途によってコースが分けられていることがしばしばありますよね。
今回は、その「ビジネス英語」とはどういうものなのかについて、調べてみることにしました。

考えているスーツの女性

ビジネスと聞くとなんだか難しそうなイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?
日常会話との違いや実例を交えながら見ていきましょう。

「ビジネス英語」と「日常英語」の違い

まず、「ビジネス英語」とはどのようなものを指すのでしょうか?
ビジネス英語を学びたいと考えている人、また、すでに使っているという人は、海外での出張時に相手先で会議を行うためや、海外の取引先と交渉をするための語学力を指して"ビジネス英語"と捉えているのではないでしょうか。つまり、「いわゆる仕事上で使用する英語」が「ビジネス英語」と定義付けされるということになります。どういうサイトや資料を見ても、まずこの定義で間違いはないような気がしています。

では、そのビジネス英語と「日常英語」との違いは何でしょうか?
日常英語は、友人とプライベートの会話をしたり、海外の旅行先で意思疎通をするために使ったり、といったカジュアルなシーンで用いられるものを指すと考えてよいようです。フレンドリーな会話を日常英語というのに対し、ビジネス英語は仕事のシーンで使う英語のため、丁寧な言葉遣いが好まれたり、専門用語を使用したり、また、それゆえパターン化していたりするといった特徴を持っているようです。

「ビジネス英語」とは「フォーマルな、丁寧な」言葉。日本語と同じ

ビジネス英語とは仕事上で使う英会話だということがわかりました。日本でも、仕事関係の人と話すときや会議で話すときと、友達や家族と話すときの言葉遣いが違うのが当たり前ですよね。日本語の場合、仕事上で使う言葉は丁寧語や敬語でしょう。商談の席などで相手の人に"タメ口"で話しかける人はいないはずです。

そんな感覚と同様、ビジネス英語は、英語だけれど、「フォーマルな、丁寧な英語」といった解釈をするとわかりやすいかもしれません。もちろん、実際に、英語を用いたビジネスシーンでも丁寧な表現が好まれます。

まずは、「日本語」日常会話(学生の友人同士で話すときのような会話)とビジネス会話(仕事の場でやりとりする会話)を比べてみました。

(日常日本語)きみ、名前は何?
(ビジネス日本語)大変失礼ですが、お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか?

(日常日本語)これをしてほしいんだ。
(ビジネス日本語)私たちは貴社にこうしていただくことを望んでいます。

(日常日本語)締め切りを延ばしてくれない?
(ビジネス日本語)締め切りを延ばしていただくことは可能でしょうか?

(日常日本語)この内容ではだめだね。
(ビジネス日本語)この内容には同意いたしかねます。

というように、同じ意味の会話でも、言い回しや言葉遣いが異なります。 これは英語においても同じことが当てはまります。

「ビジネス英語」の実例をみてましょう

日常日本語とビジネス日本語を比べてみて、フォーマルな言葉で仕事をするのは英語になっても同じだという感触がわかりました。
日本語では丁寧語や敬語がありますが、英語には日本語ほどはやっかいな文法はありません(日本語の「来ます」を「いらっしゃいます」と言い換える文法などは、日本語を学ぶ外国人の人には相当やっかいなようです)。

では、どのようにビジネス英語(=フォーマルな英語)と日常英語(=フォーマルではない英語)を使い分けるのでしょうか。
英会話におけるフォーマルな言葉遣いの例を挙げます。

(日常)What is your name?→あなたの名前は何?
(ビジネス)Could you please tell me your name?→お名前を教えていただけますか?

(日常)I want to talk with you.→私はあなたと話したい。
(ビジネス)Would you mind talking with me.→私と話していただけますか?

(日常)Thanks.→ありがとう。
(ビジネス)I really appreciate it.→心より感謝します。

(日常)I think so, too.→私もそう思う。
(ビジネス)I agree with you.→仰る通りです/ 賛成します。

(日常)No problem.→どういたしまして/問題ないよ。
(ビジネス)The pleasure is mine.→こちらこそありがとう。

(日常)Long time no see.→久しぶり。
(ビジネス)I haven’t seen you for a long time.→ご無沙汰しております。

といった具合で、意味は同じですが、言葉の選び方、使い方が異なってきます。日本語でも社会人になったら「ちゃんとビジネスマナーをわきまえた話の仕方をする」ということが必要になるのと、まったく一緒ですよね。

ビジネス英語では業界ごとに専門用語もよく使う

ビジネス英語はビジネスの場面で使用するものです。ので、ビジネス英語では日本語を仕事で用いる場合と同じように、自分が従事している仕事の専門用語を使うと考えてよいでしょう。
さらにそれは、働いている業種や業界によって言い回しや用語が異なります。医療業界、金融業界、IT業界、レストランなどの接客業界、ホテルや旅行会社などの観光業界、電気製品や自動車会社などの製造業界、など、使われる用語や覚えておくべき熟語・単語はそれぞれまったく異なるものとなるでしょう。
海外出張に行くためにビジネス英語を学ぶ人や、海外の取引先とやり取りをするために英語力が必要だと感じている人は、それぞれ自分の業界の専門用語や使うべきシーンを想定して、語彙を増やしていく必要があります。これも、まあ、日本語でビジネストークをする場合のことを考えると、ごく当たり前に理解できることですよね。

パターン化している

ビジネス英語は、日常会話と異なる単語が使われたり、専門用語があったりと難しいイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、ビジネス英語が主に必要となるシーンは、商談や会議の場です。契約を成立させたり、売り上げについて話し合ったりするときに用いるものであるため、実は、ある程度パターンが決まってしまっていると言えます。
また、そのパターンを覚えておけば恐れる心配はなさそうです。さまざまなシチュエーションに対応しなければならない日常英会話に比べると、簡単に感じる人もいるようです。

まとめ:仕事で必要があるなら臆せずビジネス英会話を学ぼう

ビジネス英語がどういったシーンで用いられ、日常の英会話とどのような違いがあるのかについて見てきました。
日常で用いる英語よりも少しハードルが高いイメージだったビジネス英語ですが、実は案外、覚えておくとすぐに実用できるものだということや、恐れずに学べるものだということがわかってきました。
私自身はまだ、仕事でそんなに英語が必要な身の上ではないですが、仕事で必要になるならもう臆せずにビジネス英会話を勉強していけばいいんじゃないかと、そんな気分になっています。
それでも、「やっぱり初心者でビジネス英会話ができるかどうか不安だ」という人は、まずは中学レベルの英語表現のパターンをしっかりと復習することが良いらしいです。中学英語表現と専門用語、丁寧な言い回しを組み合わせていくことで、ビジネス英会話の基礎を攻略することができるようですよ。

「英会話教室の評判」ページでは、私が気になる英会話教室について調べたものをまとめています。中にはビジネス向けの英会話教室もございますので、是非参考にしてみてください♪

英会話教室の評判を見る
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2018 何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室