英会話教室を探すなら、外国人講師と日本人講師のどちらを選ぶべき?

外国人講師と日本人講師の特長を調べ、英会話教室を選ぶときのポイントをお教えします

何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室

外国人講師と日本人講師はどっちがいい?

これから英会話教室で英語を習うという場合、外国人講師から習うのがいいか、それとも日本人講師からがいいか、迷いますよね。
そこで、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

スーツの外国人と日本人

外国人講師のメリットとデメリット

外国人講師からレッスンを受けるメリット

  • 発音が完璧だから、リスニングの勉強にもなる

    外国人講師から習うときにいちばんうれしいのは、やはり何といっても、発音がいいことでしょう。
    当たり前ですが、ネイティブの外国人講師は、幼い頃から英語が身に染みついているわけですから、発音は完璧です。なので、レッスンを受けながら自然とリスニング強化のトレーニングにもなるのです。

  • ネイティブならではの表現に触れられる

    発音だけではありません。英会話は表現も大事。ネイティブの外国人講師なら、当然、表現も自然でこなれたものを見せてくれます。
    そんな様子を実際に目にすると、「こういうときは、こんな表現をするのか」「こういう切り返しができたら素敵だな」など、自分が英語を話すときのイメージも湧いてくるはず。それが、英会話学習を続けるモチベーションにもなるでしょう。

  • 外国人と会話する機会にもなる

    実は、英語力がそこそこあっても、いざ外国人を目の前にして会話するとなると、しどろもどろになってしまう日本人は多いものです。
    完璧な発音、スマートな表現を目の当たりにすると、恥ずかしくなってしまうのですね。けれど、普段のレッスンで外国人から習っていれば自然と慣れることができるでしょう。

外国人講師からレッスンを受けるデメリット

  • 細かい部分の説明に難あり

    外国人講師の場合、ネイティブですからもちろん英語は完璧なのですが、逆に日本語はあまり上手ではない人が多いです。なので、細かい部分の説明となると、一生懸命教えてくれようとはするものの、意思の疎通がうまくいかないことも…。

  • 文法の指導が苦手な場合がある

    私たち日本人が、日本語の文法など気にしないで自然と日本語を身につけるように、外国人講師も英語の文法を気にしないで育ちます。ですから、日本人が疑問に思う文法をうまく説明できない講師も多いです。
    もちろん、文法の構造や日本語との違いをしっかり理解している人もいますが、はっきり言って、当たり外れは大きいでしょう。

  • 質問したとき、うまく通じないことも…

    英語ネイティブは、日本人の感覚を理解することが難しいので、質問しても「何が疑問なのだろう」と、よく通じない…という話も聞きます。
    英語学習とは語学というだけでなく、文化や価値観の学びでもあるので、そこらへんで温度差が出てくるのは仕方ないかもしれません。

日本人講師のメリットとデメリット

日本人講師からレッスンを受けるメリット

  • きめ細かい指導

    日本人講師はもちろん日本語をよく理解しているので、意思の疎通がスムーズです。質問も日本語でできるので、わからないことをしっかり伝えられるし、質問に対する答えも日本語なので理解しやすく、細かいところまで教わることができるでしょう。

  • 文法の説明がわかりやすい

    日本人が疑問に思いやすい文法を、日本人にわかりやすく説明してくれます。
    日本人講師自身がもともと英語学習者だったわけですから、その経験から、「どんなふうに説明したら理解してもらえるか」ということを考えながら指導してくれるのです。

  • 生徒の疑問や悩みを理解してくれる

    日本人ならではの感情や考え方、陥りやすい失敗なども共感してくれるので、英語学習以外の相談に乗ってくれる人も多いです。
    自分の経験を踏まえてアドバイスしてくれることもあり、生徒にとっては心強いでしょう。

日本人講師からレッスンを受けるデメリット

  • 発音が上手でないことも…

    日本人講師は、やはり発音があまり上手でない人もいます。
    文法や表現についてはしっかり教えてくれても、発音となるとイマイチという場合も…。そんなときは、自分でリスニングの学習を別にする必要があるでしょう。

  • レッスン中、ついつい日本語を使ってしまう

    日本語が通じるので、生徒がついつい甘えが出てくることも。たとえば、ほんとうは英語でできる簡単な質問も、手を抜いて日本語でしてしまうと、そのぶん上達が遅くなってしまいます。

  • 知らない単語や文法がある場合もある

    日本人講師はもちろん英語上級者ですが、ネイティブではないので、やはり知らない単語や文法があることがあります。そういうことを質問すると、その場では答えてもらえず、後日まで待たなくてはならないかもしれません。

結局、どちらから習うのがいいの?

このように、外国人講師にも日本人講師にも、それぞれメリットとデメリットがあります。ですから向き不向きもありますが、基本的に、慣れるまでは日本人講師から学ぶのがおすすめです。
初心者のうちは日本人講師から始めて、上達してきたら外国人講師へとステップアップすると、よりレベルに応じて学べるのではないでしょうか。

このサイトでは、「初心者にやさしいおすすめ英会話教室」のページもまとめていますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

初心者にやさしい教室の詳細
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事はこちら♪

一覧はこちら

PAGETOP

© 2017-2018 何で選ぶ?あれこれおすすめ英会話教室